メリットしかない!少人数!

社員の特徴ごとに指導できる

少人数制で社員教育を行うことで、社員の特徴を掴みながら教育を行っていくことができます。
社員と言っても、それぞれに性格や考え方が異なってきますが、その特徴を踏まえながら教育を行っていく必要があります。少人数制であれば、それぞれの社員が持っている特徴に合わせながら教育を行うことができ、個性を引き出せるようになるのです。持っているよい部分を引き出してあげることができれば、持っている才能を開花させることができ、仕事にもよい影響を期待することができるでしょう。
また、少人数制の場合、社員が抱えている悩みにも早く気が付くことができるのでケアも早く行えるようになってきます。社員教育を重視したいときには、適しているでしょう。

信頼関係を築くことができる

少人数制であれば、マニュアルに沿ってではなく、オリジナルの社員教育を行いやすくなってきます。
教育を行う人数が多くなれば、一人一人に指導していく時間が無くなるため、どうしても決められたマニュアルに沿った教育になってしまいます。この場合、伝えたいことを上手く伝えることができなかったり、教育を徹底することが困難になるでしょう。
少人数制であれば、細かい部分まで目が届くようになり、オリジナルで指導を行えるようになるのです。
また、少人数の場合、教える側と教えられる側との信頼関係を結びやすくなるため、会社内の人間関係の改善にも役立てることができます。
社員教育後のことまで考えても、メリットは大きくなるでしょう。